2008年05月26日

借金時効の相談をする相手

時効について
詳しく知りたい場合、その道のプロなら心強いです。
借金時効の問題は法律が絡み、
また借金時効の中断や放棄などの規定も
存在するため経験がないとわかりにくいところがあります。
調べたつもりでも見落としがないか不安が残り、相手に強く
出られると押し切られてしまうかもしれません。時効の手続
きを進めるときにわかりにくいことがあったら、その道の
スペシャリストをに頼みましょう。

どこに相談
すべきかは、現時点で何を問題にしているかによります。
訴訟事や調停が必要な時は弁護士に、時効の援用で
内容証明郵便を出したい時は行政書士に相談します。
友達や親族に弁護士、行政書士の仕事に
ついている人がいるなら、色々とアドバイスを頼んでも
いいです。

ことが裁判に
もつれこみそうな時や、借金の時効に関して困ったことが
起きた時は弁護士の存在はきっと助けになります。とはいえ、
弁護士に依頼すると高くつくといったイメージや、頼みづら
さもあります。弁護士事務所によっては電話やインターネット
などで無料での相談を受けているところもあります。
まず聞いてみるべきでしょう。

借金の時効を
主張する時の内容証明郵便を不備なく作成し相手に送りたい
時は行政書士に相談する方法もあります。専門家の後ろ盾が
あるだけでも、相手側との借金時効の交渉にはかなり
心強い助けとなります。まずは電話などで借金時効について
相談をしてみましょう。
posted by ys at 13:44 | TrackBack(0) | 借金時効の相談をする相手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。