2008年05月29日

キャッシング金利の上限

金融商品や
融資に関する広告・説明資料に関してキャッシング会社
が表示を行う際は、通産省の指導によって実質年利によ
ることと定められています。

実質年率を
示すにあたっては、元金にかかる金利の他、手数料や書
類作成費などを合算することになります。諸費用も金利
見なして実質年率に含めるよう決められています。
キャッシング金利を低く見せかけるようなこ
とができないような決まりになっているのです。

少額の品物を
購入する際に利用されるショッピング・クレジットなど
キャッシング金利は、アドオン方式で計算されていま
す。アドオン方式の場合も実質年率で表示するよう決め
られています。他の金融商品と金利を比較しやすいよう
に、表示する年利はあくまで実質年利に換算したものが
使われていています。
実質年率は出資法により29.2%が上限となっています。
そのため、実質年率が29.2%以上の高金利で貸している
キャッシング会社は違法なヤミ金融ということになりま
す。

実質年利を
比べることによって、キャッシング金利が安い業者から
お金を借りることは大事ですが、返済を滞らせ延滞料を
払うようなことになっては意味がありません。延滞料は
貸し出し金利よりも高額に設定されている場合が多いた
めで、それではせっかく低金利のローン会社を選んでも
意味がなくなってしまうからです。返済の計画はしっか
りと立て、返済が遅れて高額の延滞料を支払うようなこ
とがないように気をつけましょう。
posted by ys at 15:31 | TrackBack(0) | キャッシング金利の上限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。